www.the-queens-antechamber.com

FX取引をはじめたばかりの方がマーケットの要所を捉えるためには、最初に学習を繰り返すことが大切です。特に、前もって危険性を気付くようになるには、ポカを重ねる事も体験のひとつです。無論、ミスをするといっても、命取りとなるほど致命的な損をする事は論外です。取り返しが付く間違いを何度か積み重ねることが、結果的にあなたの経験を増やしてくれる。それを考えると、まず初めは少ない額で売買を行いそれによっていくつか小さな失敗をすることが必要です。一例として、100万円だけしか投資する余裕が無い状況で最初から一円も残さないで投じてエントリーするとマイナスになった時金輪際再起できなくなってしまう不安があります。それより、仮に少しずつ分割して注文してそれで売買を重ねた方が、着実に失敗を埋め合わせる方策なども学習していくはずです。まず最初に小さな額で売買する事の価値は自分の経験を増やし、ミスを管理する方策を学習していく事にありますが、一緒に、売り買いの回数を繰り返してリスクを減らす事ができるというメリットもある。例として、1度限りのエントリーで儲けられる確率が50%とします。言い換えると、同じく5割の確率で負ける危険性もあるということになります。勝率5割ということは。二分の一の割合で利益が出る事を言い表しています。しかし、全部の資金を投資して売買をするということは、明確な勝ちか、負けのどちらかだけになってしまいます。それは単なる賭け事と同じです。要するに、全財産を投入して1回しか取引をしないとそれだけではマイナスになる割合が高まります。これを回避するために、お金を1回にすべてつぎ込むのではなく、少しずつ分けて機会を積み重ねる事がリスク分散となる。また何回かに分けたとしても、全てのトレードで勝つ事は大切ではありません。正確に言うと、勝利する事が出来ないのが本当のところです。必要なのは、勝率ではなく、どのように稼ぐかです。勝ち負けが同じでもたとえ5割以下でもプラスにする事は出来ます。それ以上負けてもその損益が小さければ、わずかな勝利の儲けだけでかなり儲ける事が出来ます。そのために必要な事は、損を少なく、利益を大きくを肝に銘じる事です。損したら即損切りし、逆に勝った時は上手くプラスにする事が、FXをはじめたばかりの方が為替でプラスになるための手段です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.the-queens-antechamber.com All Rights Reserved.