組んでいて住んでいるマンション

民事再生による整理はマンション等のローンを含めて多重債務に苦しんでいる利用者をターゲットにマンションを維持しつつ金銭的に再建するための法による手段として平成12年11月にはじまった法律です。

民事再生は、自己破産と違って免責不許可となる要件がないのでギャンブルなどで借りたようなときでも申請は取れますし破産宣告をした場合は業務禁止になるリスクのあるポストで仕事をされているような方でも制度の活用が検討できます。

破産の場合には住んでいる家を残すことは不可能ですし、特定調停等では元金は支払っていかなければなりませんので住宅のローンも支払いながら返していくことは難しくなるでしょう。

といっても、民事再生という手順を選ぶことができれば住宅ローンを別とした借金額は多くの圧縮することも可能ですので、ある程度余裕に住宅のためのローンを払いつつあとの債務を返済していくこともできるといえます。

とはいえ、民事再生による整理は任意整理または特定調停といった手続きと異なってある部分だけの借り入れだけを除き手続きしていくことは不可能ですし自己破産においてのように返済義務自体がなくなるのではありません。

別の債務整理と比べて手続きの手順が複雑で期間もかかりますので、住宅ローンなどを組んでいて住んでいるマンションを手放せないような状況等を除外して、自己破産などそれ以外の選択肢がない時のあまり優先したくない手段と判断しておくのがいいでしょう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.the-queens-antechamber.com All Rights Reserved.