スポーツと小学校時代の体育

 スポーツを好きになるか?嫌いになるか?の分岐点は、小学生時代にあると私は思っています。自動車保険見積もりプレゼント

それはなぜかというと、スポーツをまず始めに覚えるのが、小学生時代の体育の授業だからです。浮気 調査 探偵

 それは、ますサッカーであったり、ミニバスケットボールであったり、ソフトボールであったりなどの球技があります。数の子 お取り寄せ

そして、それ以外に50m走や走り幅跳びなどの陸上競技もあります。ミドリムシナチュラルリッチ

 それらを初めて体験したときに、おもしろいと思えばスポーツを好きになりますし、反対におもしろくないと思えばスポーツが嫌いになります。

これは、運動神経のあるなしが大きく関係しているのはもちろんですが、それ以外にも一緒にスポーツをしているクラスメイトとスポーツを楽しめるのか?ということも影響しています。

 たとえ、運動神経がそれなりにあったとしてもギスギスとした雰囲気の中スポーツをすればあまりスポーツを好きになることはありませんし、反対に運動神経がまったくなくてもわき合い合いとした雰囲気ならばスポーツを好きになる可能性は高いです。

 ですので、小学校時代の体育の授業は、スポーツに対する影響がとても大きいと私は思っています。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.the-queens-antechamber.com All Rights Reserved.