自賠責保険とは正しくは自動車損害賠償責任保険と呼び略して自賠責保険と言うものになります

自賠責保険とは正しくは自動車損害賠償責任保険と呼び略して自賠責保険と言うものになります。

自賠責は強制保険とも言われていて車を定期車検に通す場合は、決められた車検期間に有効な自賠責保険に入っていなければなりません。

わかりやすく言えば全ての車に加入義務のある保険です。

それではクルマに自賠責保険が付いた状態で手放した時にはどうなるでしょうか。

自動車損害賠償責任保険は車検時に更新するケースが多々あったりしますが、もし強制保険(自賠責保険)が付いたままの自動車を手放した時は保険料が返還されるということはあまりありません。

というのも自賠責保険の効力を一旦消して、次の買取相手にシフトするということはちょっと手間がかかるのです。

ですので、強制保険の場合は名義変更をしてクルマと一緒に譲るのが普通です。

ただそれと同等の額を商品代に足してくれます。

自動車損害賠償責任保険の場合は自動車税と違って、既に納めた額を1ヶ月単位で割り算した額が返還されるわけではなく、見積額に乗せるという方法が使われることが通常ではありますが、このことが見積もり票に明記されることは珍しいです。

なので買取の場合は強制保険を考慮した額が見積額に入っているかをチェックする必要があります。

自分が納めた額がどれくらいかだけでも知っておけば、損をすることはないはずです。

それぞれの自賠責保険にかかる保険料というのは期間次第で違ってくるものなので注意してください。

車の廃車の際には保険の名義変更をすることを忘れずに。

もし名義書き換えをしていなければ保険会社より自分に保険の満期便りが届いてしまいます。

手放すか悩んでいるマイカーがほんの少しでも高額で売却されることを応援させて頂きます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.the-queens-antechamber.com All Rights Reserved.